お子様の反抗期

中学生から高校生になると、保護者に対して反抗期を迎えることがあります。この時期になると保護者の方にとっては、お子様との接し方に迷われる事も少なくありません。お子様が将来的に家庭を負担と感じずに成長できるか、自我が芽生えて社会や家庭の中でどのように考えて接していくべきか等、今後の人生において重要な事を考え始める時期でもあります。

物事に対して敏感になっている時期だからこそ、保護者の方の思いをお子様に押し付けてしまう、十分にお子様が何を悩んでいるのか知らないまま、強引に学業や学校に通学させることを押し付けることは、精神的な負担を与える大きな原因になってしまいます。

将来のステップアップのために、お子様にとって保護者として何が力になれることなのかを、今一度考え直す事は想像以上に大切な事です。もし、悩みを抱えている様であれば力になれる方法を探し、必要に応じて学校などの教育機関にも連携、確認をしてみる事も重要でしょう。お子様の負担をそのままに放置しておく事は決して望ましいことではなく、お子様にとって悩みを増大させてしまう結果になってしまうことが予想されます。お子様が一人で解決できない気持ちの問題もあるため、おせっかいにならない程度に、保護者として相談に応じる時も必要です。